マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 佐藤晴彦 | 地域批評シリーズ | 岡島慎二 | 書籍 | 松立学 > 地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市

地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市

合併したのに静岡 清水の大ゲンカはまだまだ続く!?
地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市

編者:松立学/佐藤晴彦/岡島慎二
ISBN:9784896376142
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):994円
発売日:2017年2月25日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る!
電子版販売サイト一覧は随時更新いたします。もうしばらくお待ちください。

合併したのに静岡 清水の大ゲンカはまだまだ続く!?

清水との合併に成功して人口が70万人を突破。
2005年に晴れて政令指定都市に移行した静岡県の県庁所在地・静岡市。
静岡市民は「駿河ボケ」とも揶揄されるのんびり気質の反面、
徳川に守られてきた歴史のせいか、いつも「どうにかなるさ」と楽天的。
しかも保守的かつ排他的でエリート意識も強く、自分たちが大好き。
そんな市民性に加えて、静岡市自体が東京でも名古屋でもない静岡県の真ん中あたりで、
新幹線「のぞみ」も元気よく通過しちゃうので、ヨソから「閉鎖的独立国家」と見られたりもする。
とはいえ「閉鎖的独立国家」にしちゃ、静岡市のまとまりはすこぶる悪い。
とくに静岡と清水なんてまるで水と油で、一体感はまるで無い……。
本書ではそんな静岡市の実情と問題点を徹底的にあぶり出し、
いったいぜんたい静岡市がどんな街なのか、その真実に迫っていく!

地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市

合併したのに静岡 清水の大ゲンカはまだまだ続く!?
地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市

編者:松立学/佐藤晴彦/岡島慎二
ISBN:9784896376142
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):994円
発売日:2017年2月25日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」詳細ページを見る!

「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
https://micromagazine.net/books/8965/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 佐藤晴彦 | 地域批評シリーズ | 岡島慎二 | 書籍 | 松立学 > 地域批評シリーズ15 これでいいのか静岡県静岡市

Return to page top