マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 書籍 | 鈴木士郎 > 地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県

地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県

イメージが希薄で地味と言われ続けた佐賀県がついに表舞台に躍り出た!
地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県

編者: 鈴木士郎
ISBN:9784896379099
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):1,058円
発売日:2019年8月29日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る!
電子版販売サイト一覧は随時更新いたします。もうしばらくお待ちください。

イメージが希薄で地味と言われ続けた佐賀県がついに表舞台に躍り出た!

絶好調の福岡もうかうかしていられない佐賀の逆襲策に迫る。

観光大国となった日本の中で、佐賀県に海外からの観光客が押し寄せているのだ。
思えば長らく、佐賀県は「イメージすら希薄」な土地だった。九州の「首都」である福岡や、維新の鹿児島、出島とハイカラな長崎と、九州の各県はそれぞれが強烈なイメージを持っているのに対し、佐賀県はそうしたものが誰にも意識されてこなかったのだ。
だが、佐賀県は地味なだけの田舎ではない。
吉野ヶ里に代表されるように、古くから文明が栄え、明治維新に際しては、中心的な役割を果たした「薩長土肥」の一角であり農業生産力は九州でもトップランクだ。そんな佐賀県は今、ついにその実力を遺憾なく発揮し始めた。

何が佐賀を変えたのか、いや本当に変わったのか。
見直されつつある佐賀県の真の姿と魅力を探ることにしよう。

地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県

イメージが希薄で地味と言われ続けた佐賀県がついに表舞台に躍り出た!
地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県

編者: 鈴木士郎
ISBN:9784896379099
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):1,058円
発売日:2019年8月29日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」詳細ページを見る!

「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
https://micromagazine.net/books/11077/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 書籍 | 鈴木士郎 > 地域批評シリーズ39 これでいいのか佐賀県

Return to page top