マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 岡島慎二 | 書籍 | 松立学 | 鈴木和樹 > 地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市

地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市

「出世」で推し進める浜松の野望
地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市

編者:松立学/ 鈴木和樹 / 岡島慎二
ISBN:9784896376159
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):994円
発売日:2017年2月25日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る!
電子版販売サイト一覧は随時更新いたします。もうしばらくお待ちください。

「出世」で推し進める浜松の野望

人口約80万人を擁する静岡県最大の都市・浜松市。
徳川家康が駿遠経営の拠点として、浜松城を築いたのは1570年。
その後、家康は江戸幕府を開き、5人もの城主が幕府の老中に上り詰めたことから、
浜松城は「出世城」の異名を取った。
時は流れ、太平洋戦争で焦土と化した浜松は、工業の街として大復活を遂げる。
ヤマハ、スズキ、ホンダ……遠州地方のみならず日本をリードする企業が、
相次いでこの地から誕生した。
こうした浜松の「出世ストーリー」の土台にあるのは、
何事にも果敢に挑戦しようという「やらまいか精神」。
ところが、2007年には政令指定都市になるなど順調に立身出世を遂げたのに、
それとは裏腹に、どうも今の街には活気が見られない。
自慢の「やらまいか精神」はどうしちゃったのか?
本書では取材やデータを元に遠州の雄・浜松の今と未来を探っていく!

地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市

「出世」で推し進める浜松の野望
地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市

編者:松立学/ 鈴木和樹 / 岡島慎二
ISBN:9784896376159
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):994円
発売日:2017年2月25日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る!

「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/8968/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 岡島慎二 | 書籍 | 松立学 | 鈴木和樹 > 地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市

Return to page top