マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 佐藤圭亮 | 地域批評シリーズ | 書籍 | 鈴木士郎 > 日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県

日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県

密国・鹿児島の全貌を暴く!
日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県

編者:鈴木士郎・佐藤圭亮
ISBN:9784896374667
B5判 / 書籍 / 144ページ
定価(本体価格+税):1,404円
発売日:2014年8月1日

「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」の無料立ち読み版を見る!

「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」の電子ブック版はこちら!

お求めはこちら

アマゾンの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る!

電子版発売中!お求めはこちら

※電子版の価格は紙と異なります。また、電子配信書店によって価格が異なる場合がございます。
BOOK☆WALKERの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! アマゾンKindleストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! honto電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! どこでも読書の「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! NTTぷららの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! GALAPAGOSの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 紀伊國屋BookWebPlusの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! (電子版)セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 東芝ブックプレイスの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! ネオ・ウィングの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! BookLive!の「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 漫画全巻ドットコムの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! Reader Storeの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! eBookJapanの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! コミックシーモアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! YAHOO!JAPAN ブックストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 楽天Kobo電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! iBooks Store(iTunes Store)の「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る!

密国・鹿児島の全貌を暴く!

鹿児島県は特に近代、日本の歴史において非常に重要な位置を占めた土地です。
行き詰まった武家政治から近代国家への急激な転換を、驚くほど素早く、
また考えられる限り最小の犠牲で成し遂げ、明治維新の主力となったのが、鹿児島県なのです。

この偉業の大きな要因として、鹿児島が他の地域から隔絶された「密国」であったことが挙げられます。
情報収集と根回しの失敗で滅亡の危機に瀕した関ヶ原の反省を踏まえ、
当地を治める薩摩藩は江戸時代、外部からの情報収集には尋常ではない努力を払いました。

しかし、国内への進入が事実上不可能だったので、
トップレベルは外のことを知っていても、一般民衆レベルでは「鎖国」状態でした。

それゆえ、当時の「日本人」というくくりの中ではかなり異質な存在であり、
薩摩弁が多くの方言の中でも相当特殊な部類に入るのはその典型といえるでしょう。
こうした背景があったことで、鹿児島県人は他県の日本人のように状況に流されず、
効率的に動けたのが、明治維新だったのではないでしょうか?

あれから百数十年。鹿児島は今、新しい転機に立たされています。
他の地域からの交通アクセスが非常に悪い鹿児島は、
時代に大きく取り残された存在となっており、九州新幹線が開通したことで変化はしているが、
その恩恵はまだ鹿児島中央駅と鹿児島市にしか見受けられないのです。

本書は、さまざまな観点から「今」の鹿児島を解き明かしていきます。
歴史背景、各種データ、鹿児島人という「人種」。
リアルな鹿児島県の姿を発見した時、新しい鹿児島の未来を探るヒントが、きっと見つかるでしょう!

目次

薩摩隼人でも止められない急激な過疎化

はじめに
鹿児島県MAP

密国・鹿児島の全貌を暴く!
薩摩隼人でも止められない急激な過疎化

歴史 三州にこだわる島津家と西郷隆盛の存在
気質 郷中教育で偉人を多数輩出
薩摩VS大隅 鉄道廃線で大隅は見捨てられた!?
産業 特産品に賭ける県の戦略とは!?
インフラ チンチン電車からフェーリーまで多種多彩なインフラ網
観光 九州新幹線開通で観光業は大繁盛
災害 桜島と崖崩れに悩まされる県民たち

鹿児島県基礎データ

●第1章 謎と栄光と忍従の鹿児島の歴史

謎に包まれた勇壮な隼人族と島津氏
関ヶ原では情報不足で大失敗!!
強く賢くしたたかに 独自路線で戦い抜いた江戸時代
少ないチャンスを確実に 歴史の勝者となった明治維新
長い低迷も慣れたもの 観光と産業で復活!?

コラム1 名門肝付氏の四十九所神社


●第2章 鹿児島県民ってどんなヒト?

鹿児島県民はプライドが高い! その心は桜島のごとく活火山!?
薩摩言葉は暗号だった? 薄れゆく「鹿児島語」の未来はどっちだ
特殊社会を作り出した郷中教育
最強の進学校ラ・サールが引っ張る教育県鹿児島の今
鹿児島の英雄・西郷隆盛 今だもって人気は衰えず
男社会のイメージだが家では女性が優位!?

コラム2 鹿児島といえば焼酎でしょ!


●第3章 昔も今も中心地! 発展を続ける鹿児島市

平成の大合併で桜島をゲット!! 飛び地問題も解決で順風満帆?
県下最大の繁華街・天文館はプライドが邪魔して苦戦中
大地を切り崩して豪邸が誕生 鹿児島にもセレブが出現?
錦江湾に浮かぶアイコン・桜島 溶岩の上の生活はソートー特殊だ
天文館の一強時代を突き崩す 谷山の大発展ぶり
ヤル気はあるけど…… チグハグな市内再開発

コラム3 県民が誇る老舗百貨店 山形屋


●第4章 時代に翻弄される北薩と南薩

一大リゾート地を狙う指宿 その課題と弱点とは?
独立心が強すぎ!? 周囲との軋轢が絶えない枕崎
大モメにモメた合併 南九州市はいかに成立したのか
原発とシャッター街 薩摩川内市の苦難は続く!?
新幹線はきたけれど…… 独自性を奪われた出水市の現実
無理な合併が後を引くいちき串木野 ベッドタウン著しい日置
農工商すべてがパーフェクト? 発展が加速する姶良の野望

コラム4 県民は全国1位の釣り好き!


●第5章 農業と漁業は超一流だが 冷遇される大隅半島

鹿児島県の東半分 大隅半島の止まらない衰退!?
潤沢な税収を武器に県内カーストをかけ上がる霧島
肉も野菜も最高 なのに冴えない鹿屋
重要な港をもつ志布志だが宣伝が下手すぎ!
ブリとカンパチの街・垂水の中心エリアは!?
イプシロン打ち上げでも肝付がパッとしないのはナゼ?

コラム5 やはり佐多岬は遠かった!


●第6章 一致団結できない薩南諸島の島人たち

本土とも沖縄とも違う薩南諸島の島々
龍郷町謀反で奄美市は真っ二つ!
宇検村驚愕の発展に地団駄踏む瀬戸内町
鉄砲とロケットで有名な種子島も財政は火の車!?
金は欲しいが自然も大切 ジレンマに悩む屋久島

コラム6 奄美大島にカトリック教会が多い理由


●第7章 もう秘密じゃ許されない! 打って出る時が来た!!

過疎化が止まらない! 鹿児島の悲鳴
関西、関東に流出した権力と人材をどう生かす
地域活性化を目指せ! プライド&ブランドを表に出すべし!


●街の気になるスポット
●参考文献

著者紹介

鈴木士郎
1975年東京生まれ。出版社などを経てフリーとなる。
九州との関わりは案外深く、幼いころは父親の仕事の関係で短期間ではあるが居を構えたこともある。
ただし、鹿児島となるとそこは道の領域、まず、言葉がさっぱり分からない。
とはいえ、ヤング世代の現代っ子は想像以上に標準語が浸透し、数十年後には鹿児島弁も滅亡!?
それだけは個人的に絶対になってほしくないと思う方言フェチの今日このごろ。

佐藤圭亮
1975年生まれのフリーライター。宮城県出身。
東を見れば海、西を見れば山(奥 羽山脈)という環境で育ったため上京時には「山がない! 」と衝撃を受けたが、
本書執筆のため鹿児島県内を歩くと、そこにはモクモクと黒煙を挙げる桜島を発見!
東北には真っ白な雪が毎年積もるけれど、鹿児島は火山灰で真っ白になる。
と意外なところに共通点を見つけた今日このごろ。

日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県

密国・鹿児島の全貌を暴く!
日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県

編者:鈴木士郎・佐藤圭亮
ISBN:9784896374667
B5判 / 書籍 / 144ページ
定価(本体価格+税):1,404円
発売日:2014年8月1日

「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」の無料立ち読み版を見る!

「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」の電子ブック版はこちら!

お求めはこちら

アマゾンの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る!

電子版発売中!お求めはこちら

※電子版の価格は紙と異なります。また、電子配信書店によって価格が異なる場合がございます。
BOOK☆WALKERの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! アマゾンKindleストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! honto電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! どこでも読書の「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! NTTぷららの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! GALAPAGOSの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 紀伊國屋BookWebPlusの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! (電子版)セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 東芝ブックプレイスの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! ネオ・ウィングの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! BookLive!の「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 漫画全巻ドットコムの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! Reader Storeの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! eBookJapanの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! コミックシーモアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! YAHOO!JAPAN ブックストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! 楽天Kobo電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る! iBooks Store(iTunes Store)の「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」詳細ページを見る!

「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/5784/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 佐藤圭亮 | 地域批評シリーズ | 書籍 | 鈴木士郎 > 日本の特別地域特別編集60 これでいいのか鹿児島県

Return to page top