マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 > 日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県

日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県

秘境で生まれた三重のミステリー
日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県

編者:昼間たかし
ISBN:9784896374513
B5判 / 書籍 / 144ページ
定価(本体価格+税):1,404円
発売日:2014年2月26日

「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」の無料立ち読み版を見る!

「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」の電子ブック版はこちら!

お求めはこちら

アマゾンの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る!

電子版発売中!お求めはこちら

※電子版の価格は紙と異なります。また、電子配信書店によって価格が異なる場合がございます。
BOOK☆WALKERの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! アマゾンKindleストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! honto電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! どこでも読書の「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! NTTぷららの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! GALAPAGOSの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 紀伊國屋BookWebPlusの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! (電子版)セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 東芝ブックプレイスの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! ネオ・ウィングの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! BookLive!の「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 漫画全巻ドットコムの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! Reader Storeの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! eBookJapanの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! コミックシーモアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! YAHOO!JAPAN ブックストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 楽天Kobo電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! iBooks Store(iTunes Store)の「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る!

秘境で生まれた三重のミステリー

2013年、三重県は伊勢神宮の遷宮を迎え、大勢の観光客で賑わった。

これまでの歴史の中でも、おかげ参りと呼ばれる参拝ブームはあったが、
今回の参拝者数はそれらを大きく超えて1400万人を突破した。
参拝者数の記録が残る1895年以降の最多人数883万人は、
近年の「パワースポット」ブームによって2010年に叩き出されたばかりだが、
その記録の実に6割増。
計算上、日本人の1割以上が伊勢神宮を詣でたことになる。

しかし、三重県は伊勢、その恩恵を受けている鳥羽・志摩だけでは語れない。
三重県は実に多くの顔=エリアを持った県である。

大きく分けて、
四日市・桑名を中心とした北勢エリア、
津・松阪の中勢エリア、
伊勢・鳥羽・志摩の南勢エリア、
旧伊賀国からなる伊賀・名張の伊賀エリア、
世界遺産「熊野古道」を抱える尾鷲・熊野の東紀州エリア
の5つがある。

三重県=伊勢神宮のようなイメージで語られるが、
実際にはそれぞれのエリアはまったく異なる風景を持っている。
つまり、三重県には「これが三重県」というスタンダードなものが存在せず、
「三重県」とはなんなのかを定義することは難しい。
これは、ミステリーである。

三重県の人は「信心深くておひとよし」ともいわれるが果たしてそれは真実なのか?
「伊勢商人」という言葉には否定的なイメージもつきまとうし、
同じ県内なのに鈴鹿山脈で隔たれている

伊賀の人々は、よそ者を寄せ付けない閉鎖的な人々だと見られてきた。
そうした三重県の実態を、本書では探っていく。

今でも三重県は、交通網の整備が追いつかず県内を行き来することは困難を極める。

そのため三重県人であっても、自分が住んでいる土地以外は
謎多きミステリーゾーンとなっているのが実情である。

本書の目指すところは、
参拝ブームで1400万人が訪れても
なお多くの謎を抱えたままの三重県の実態を解明することである。

東海地方なのか、近畿地方なのかも定かではない
日本国内随一の巨大なミステリーゾーンの真実を知る端緒となれば幸いである。

目次

隣県に侵食される「お・ひ・と・よ・し」県民の実態とは!?

はじめに ……1
三重県MAP ……2

秘境で生まれた三重のミステリー
隣県に侵食される「お・ひ・と・よ・し」県民の実態とは!?…4

歴史 昔の三重県は超一流! 今じゃ伊勢神宮に頼りきり……6
気質 スタンダードはない! 県民性はバラバラ!……10
産業 農林水産業から工業まで 能力は一流でも知名度0……14
インフラ 交通事情は最悪 ほとんど陸の孤島?……18
観光 伊勢・鳥羽・志摩以外は人が来ない!……22
災害 巨大地震と台風 備えは万全か!?……26
食文化 決定打には欠けるけど山から海から恵みはいっぱい……30

三重県基礎データ……38

●第1章 伊勢神宮だけじゃない 複雑怪奇な三重県史… 39

深すぎる三重県の歴史 まずは神話からスタート……40
平家も北畠家も滅亡 荒れる戦乱の世で忍者も登場……42
江戸が盛り上がろうとも権威は訪れず……44
県はすっかりマイナーになった近代……46
観光地として局部的にはすごい県……48

コラム1 日本神話の大事件「天岩戸」って?……50

●第2章 標準形が存在しない三重県人の正体とは?… 51

5つに分かれる文化圏 県の中心もどこかわからん……52
空は晴れてるのに雨が降る!?
 摩訶不思議な三重の天気……54
地元では常識でも…… 三重県は奇習の宝庫だ……56
日本の神髄を担う皇學館の教えとは!?……58
出身有名人は奇才だらけ だから三重県人は普通と違う……60
伊勢エビ以外は地味? 三重県は隠れた日本一多数……62

コラム2 西行が己を恥じた阿漕の地名……64

●第3章 ほとんど名古屋な北勢 食事も言葉も一緒?…65

“大四日市構想”は失敗で今や、名古屋の下請け稼業……66
赤字山積みでも潰せない近鉄不採算路線の今後……68
四日市ぜんそくがもたらした日本の大きな課題……70
独自性はまったくない すべてが名古屋風の四日市……72
三重県では絶対に負けなし 警察署よりもイオンは大事……74
高速バスが通勤手段!?
 名古屋のベッドタウン桑名の実情……76
亀山ブランドで知名度抜群 でも、早くも黄昏の街に……78
鈴鹿の名物はF1と一般道の大渋滞!?……80

コラム3 合併したいのにできない飛地・木曽岬町……82

●第4章 県庁も歴史もあるけどパッとしない中勢…83

四日市に負けてもプライドは一流 津は危機感ゼロの負け組都市……84
県庁所在地のメンツにこだわった津市は面積が増えただけ!?……86
既に繁栄の時は終わったのか それでも枯れない松阪市……88
明治時代には徒歩で東京まで 安売りをしない松阪牛のプライド……90

コラム4 アナタも愛を育めるか? 愛の聖地・神島……92

●第5章 鈴鹿山脈で大分断 関西圏・伊賀の特殊性… 93

忍者もお城も俳句もあるが 伊賀市の観光はどうもビミョー!?……94
伊賀のまちおこしは足の引っ張り合いで閉ざされたまま……96
もはやマイホームに魅力なし 名張市から脱走する人の群れ……98
遠い昔の話でも伊賀と名張の対立は止まない……100

コラム5 幻となりつつある酷道・石榑峠……102

●第6章 神秘の土地が広がる南勢・東紀州の真実…103

2013年の遷宮ブームで伊勢市はウハウハ・ハラハラ……104
多少値段が高くても…… 決して客足の途絶えない裏技……106
伊勢神宮の恩恵を受け 鳥羽の逆襲が始まった!?……108
遊女と水夫で賑わった風待港の特殊社会とは?……110
あまちゃんブームで鳥羽と志摩の海女さんたちは大盛況!?……112
三重県なのに三重県じゃない常世の入り口・東紀州……114
雨が降ってるばかりじゃない
尾鷲市が次に打つ手は水?……116
高速開通しても熊野市はやっぱり和歌山県!?……118

コラム6 始皇帝の時代に技術を伝えた徐福伝説の本拠地……120

●第7章 三重のミステリーは半端じゃなかった…121

あまりにも気質がバラバラで一枚岩には絶対になれない……122
おひとよしの裏に戦略あり 共存共栄が三重県人の常道……124
日本を知るために三重へ行こう!!……126

●街の気になるスポット……129
●参考文献……138

日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県

秘境で生まれた三重のミステリー
日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県

編者:昼間たかし
ISBN:9784896374513
B5判 / 書籍 / 144ページ
定価(本体価格+税):1,404円
発売日:2014年2月26日

「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」の無料立ち読み版を見る!

「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」の電子ブック版はこちら!

お求めはこちら

アマゾンの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る!

電子版発売中!お求めはこちら

※電子版の価格は紙と異なります。また、電子配信書店によって価格が異なる場合がございます。
BOOK☆WALKERの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! アマゾンKindleストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! honto電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! どこでも読書の「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! NTTぷららの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! GALAPAGOSの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 紀伊國屋BookWebPlusの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! (電子版)セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 東芝ブックプレイスの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! ネオ・ウィングの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! BookLive!の「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 漫画全巻ドットコムの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! Reader Storeの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! eBookJapanの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! コミックシーモアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! YAHOO!JAPAN ブックストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! 楽天Kobo電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る! iBooks Store(iTunes Store)の「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」詳細ページを見る!

「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/4148/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 > 日本の特別地域特別編集55 これでいいのか三重県

Return to page top