マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 佐藤圭亮 | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 > 日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾

日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾

待望の第二弾!! やっぱり大田区ってあがいてもあがいても変われない?!
日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾

編者:昼間たかし・佐藤圭亮
ISBN:9784896373998
B5判 / 書籍 / 144ページ
定価(本体価格+税):1,404円
発売日:2012年8月27日

「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」の無料立ち読み版を見る!

「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」の電子ブック版はこちら!

お求めはこちら

アマゾンの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る!

電子版発売中!お求めはこちら

※電子版の価格は紙と異なります。また、電子配信書店によって価格が異なる場合がございます。
BOOK☆WALKERの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! アマゾンKindleストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! honto電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! どこでも読書の「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! NTTぷららの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! GALAPAGOSの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 紀伊國屋BookWebPlusの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! (電子版)セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 東芝ブックプレイスの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! ネオ・ウィングの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! BookLive!の「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 漫画全巻ドットコムの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! Reader Storeの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! eBookJapanの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! コミックシーモアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! YAHOO!JAPAN ブックストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 楽天Kobo電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! iBooks Store(iTunes Store)の「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る!

待望の第二弾!! やっぱり大田区ってあがいてもあがいても変われない?!

時代は平成を24年も過ぎたのに、
いまだに昭和の雰囲気がジンジンと伝わってくる
東京都・大田区。

全国に名だたる高級住宅街・田園調布を抱えつつも、
こう全時代的な空気が漂うのは何故なのか?

今回、同シリーズで第2弾となる本作では大田区の町工場を
徹底リサーチ! 不景気でバタバタ倒産している。工場の跡地が
マンションに建て替わっているなど、
町工場についてはさまざまな噂が飛び交っていますが、
本書編集部が徹底体当たり取材を慣行しました。

大田区を語る上で、絶対にはずせないまさに永久保存版の一冊です。

目次

はじめに …1

大田区商店街MAP …2

あがいちゃいるけど変われない昭和の町・大田区
汗と油とビンボー この町の主役は間違いなくオッサンだ!…4

歴史 キャリアは長いけど庶民の暮らしは江戸以降から…6

町工場 街の所々に突然あらわれる工場たち…10

インフラ 鉄道もバスも充実 駅舎はなぜか古くさいけど…14

住宅事情 マンションが林立中 開発は怒涛の勢い!?…18

商店街 勝ち組と負け組がそろそろハッキリしてきた!?…22

人種 タイプはさまざまだが変わり者も受け入れる土壌…26

B級グルメ 原価割れ覚悟!? 都内屈指の安さ…30

大田区基礎データ…38

●第1章 大田区の深~い歴史を探ってみよう… 39

旧石器時代・古墳・縄文 教科書のごとく古代の歴史が見える土地……40

昭和初期から機械化著しいエリアだが、メイン産業は海苔の養殖……42

現在の大田区の原型が作られた昭和30年代……44

高度経済成長とバブル崩壊 日本の発展と衰退!?……46

コラム① 羽田飛行場の拡張で生まれた武蔵新田の遊郭……48

●第2章 日本を支えるモノづくりの起点 町工場の実態に迫る…49

時は明治 企業誘致に負けて……50

企業城下町として黒澤村が街に水道をひく……52

戦争で焼け野原となるものの朝鮮特需でまさかの復活!!……54

三畳一間の町工場がNASAの技術を担う……56

リーマンショック以後、収入9割減!? 町工場は本当にやばいのか?……58

工場アパートとタイ進出 技術の流出が心配だが……60

実はハッピーリタイア多数 町工場出身者の引退後を追う……62

コラム② 大企業が集積している……64

●第3章 フツーの大田区民の生活に密着してみました…65

元は最先端だが蒲田は高度経済成長で出遅れた……66

絵にかいたような貧乏家族がいまだに実在!……68

激安戦争が自然発生する区内のディスカウント群……70

マンションラッシュに沸く大田区! 注目の程はイマイチ……だが……72

昔はコワい街!? 大田区事件簿……74

日に2度、湯船につかる常連も存在 大田区では「趣味」として確立!?……76

コラム③ 学研通りとどりこの坂……78

●第4章 大田区の主要鉄道 京急沿線はどうなってる?…79

品川区に侵略された!? 梅屋敷の装いを暴く……80

いつになったら終わりが来る? 京急蒲田の高架化工事……82

よいどれ感が充満する雑色だが、実は盛り上がってる!?……84

大田区のはしっこ六郷土手 とはいえ近年、お株が急上昇?……86

糀谷・穴守稲荷のレトロ系飲食店は意外と入りづらい……88

コラム④ みんな知ってる!? 馬込文士村……90

●第5章 大田区っていえばやっぱり蒲田でしょ!… 91

蒲田と京急蒲田の連結問題 実は昔は、つながっていた……92

食の街? 絶対にフツーじゃない濃厚な飲食店と客筋……94

観光名所としての蒲田&大田区……96

名前と違って理系じゃない!? 東京工科大学・日本工学院……98

蒲田に押し寄せるオシャレの波 風俗もいよいよ限界か!?……100

オタクはファミレスにヤンキーはドン・●ホーテに……102

ネットカフェ1時間100円 個室は鍵がしまるのが蒲田流……104

コラム⑤ 弾き語りが多発する蒲田駅前……106

●第6章 蒲田ばかりじゃないその他の地域に密着…107

印象が薄い大森駅 庶民の愛情は深いんだけどね……108

負けても勝っても金が無くなる平和島競艇……110

超ローカル・多摩川線の住民は親・渋谷派が多かった!?……112

池上は本門寺だけじゃない 大田区らしさここにアリ!……114

駅前格差が増幅中の石川台・洗足池・雪が谷大塚……116

池上線の覇者は誰だ スーパー戦争勃発中!……118

災害が本気でコワい23区 大田区へのダメージはいかに?……120

コラム⑥ 蒲田クレジット使ってみる?……122

●第7章 大田区はこれからどうあがいていくのか!?…123

町工場も女性が働く時代 今後は外国からも技術導入……124

世間の常識を逸脱した大田区スタイルこそ真の観光資源……126

オシャレ化は断固反対 汗・油・ビンボーを継続せよ!……128

●街の気になるスポット……131

●参考文献……138

著者紹介

昼間たかし
岡山県生まれ。大田区を捨てて山の手のほうへ引っ越したら、あまりの物価の高
さに愕然としたので、反省して多摩川線沿線にでもマンションを買おうかと思案
中。前作『大田区』を素敵な手書きポップで宣伝してくれた武蔵新田の書店が3
月で閉店したのが残念。

佐藤圭亮
仙台市生まれ。大学生活を千葉県で過ごし、そのまま千葉に住み着こうかと思い
きや、都心への近さと安さを求め大田区に。現在は杉並区に居を構えるが大田区
のコインシャワーを浴びていた日々が懐かしい。著作に『常識三国志+雑学豆知
識』『歴史アドベンチャー クイズ三国志通DS』(毎日コミュニケーションズ)。
本シリーズでは『新宿区』『中野区』『千葉県葛南』『千葉市』他にも参加。

日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾

待望の第二弾!! やっぱり大田区ってあがいてもあがいても変われない?!
日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾

編者:昼間たかし・佐藤圭亮
ISBN:9784896373998
B5判 / 書籍 / 144ページ
定価(本体価格+税):1,404円
発売日:2012年8月27日

「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」の無料立ち読み版を見る!

「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」の電子ブック版はこちら!

お求めはこちら

アマゾンの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る!

電子版発売中!お求めはこちら

※電子版の価格は紙と異なります。また、電子配信書店によって価格が異なる場合がございます。
BOOK☆WALKERの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! アマゾンKindleストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! honto電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! どこでも読書の「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! NTTぷららの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! GALAPAGOSの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 紀伊國屋BookWebPlusの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! (電子版)セブンネットショッピングの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 東芝ブックプレイスの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! ネオ・ウィングの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! BookLive!の「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 漫画全巻ドットコムの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! Reader Storeの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! eBookJapanの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! コミックシーモアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! YAHOO!JAPAN ブックストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! 楽天Kobo電子書籍ストアの「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る! iBooks Store(iTunes Store)の「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」詳細ページを見る!

「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/3152/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 佐藤圭亮 | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 > 日本の特別地域特別編集37 これでいいのか東京都大田区第二弾

Return to page top