マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 | 鈴木士郎 > 地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区

地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区

メジャーになったからこそ苦しい北区のジレンマ、その正体を鮮明に探っていく。
地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区

編者: 昼間たかし/鈴木士郎
ISBN:9784896379204
文庫 / 書籍 / 319ページ
定価(本体価格+税):1,058円
発売日:2019年9月9日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る!
電子版販売サイト一覧は随時更新いたします。もうしばらくお待ちください。

メジャーになったからこそ苦しい北区のジレンマ、その正体を鮮明に探っていく。

個性的な地域が揃う東京23区の中で、北区はひときわ「マイナー」なイメージが持たれている。

確かに、ネーミングからして安直な感じがするし、王子や赤羽という中心地は、名前は有名だけど実際に行ったことはない。これが、実際のイメージというものだった。

しかし、それも今は昔。高齢化は進んでいても、赤羽や十条の繁華街は元気いっぱい。新築マンションもバンバン建っている。物価も家賃も安いくて、若者が住みやすいという評判もある。北区の評価は、近年飛躍的に上がっていったのだ。

だが、そんな「デフレ時代のパラダイス」であった北区は人気の高まりとともに、その姿をさらに変化させている。住宅価格は上昇し、観光地化が進みすぎて、地元住民は困惑。北区の魅力であった古い姿は徐々に姿を消しつつある。

北区に今、何がおこっているのか。

地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区

メジャーになったからこそ苦しい北区のジレンマ、その正体を鮮明に探っていく。
地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区

編者: 昼間たかし/鈴木士郎
ISBN:9784896379204
文庫 / 書籍 / 319ページ
定価(本体価格+税):1,058円
発売日:2019年9月9日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」詳細ページを見る!

「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/11124/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 | 鈴木士郎 > 地域批評シリーズ40 これでいいのか東京都北区

Return to page top