マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > ゲーム | ゲームサイド編集部 | 書籍 | 虎井安夫 | 鴫原盛之 > ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い

ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い

ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い

著者:鴫原盛之/表紙イラスト:虎井安夫
ISBN:9784896372670
A5判 / 書籍 / 160ページ
定価(本体価格+税):1,620円
発売日:2007年11月6日

お求めはこちら

アマゾンの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! TSUTAYAの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る!
ゲームを作るプロがいる。
ゲームを売るプロがいる。
遊び手に夢を届け続ける「ゲーム職人」たちの“言葉”を集めた、珠玉のインタビュー集が登場!

目次

CHAPTER.01 大森田不可止
・MSX版『キング&バルーン』を皮切りに、ファミコン版の『ギャラガ』や『ワープマン』などのプログラムを次々と制作、近年では『弟切草』『街』などのサウンドノベル作品の開発を多数手がける。ゲーム専門誌「ハイスコア」編集部在籍時の驚愕のエピソードは必読!
CHAPTER.02 山本雅康
・不朽の名作『夢幻戦士ヴァリス』シリーズをはじめ、数多くのPCゲームを制作したプログラムの達人で、近年は『ポケモン不思議のダンジョン』『風来のシレンDS』などの開発にも参加。ゲームプログラマー志望者向けの貴重なアドバイスも多数収録。
CHAPTER.03 高橋由起夫
・『バラデューク』『源平討魔伝』の元開発スタッフで、現在は『THE 推理』『THE 鑑識官』シリーズなどのシナリオ制作も手がける。長年のゲームマニアにも知られていない、名作オールドゲーム開発時の知られざる秘密も初公開。
CHAPTER.04 伊藤龍太郎
・超人気RPG『女神転生』シリーズのシナリオライター。ほかの人にはちょっと真似のできない、伊藤氏独特のセンスによって生み出された『メガテン』シリーズのシナリオやキャラクター設定などにまつわる抱腹絶倒のエピソードが満載。
CHAPTER.05 篠崎雄一郎
・今や伝説となったナムコの情報誌「NG」の元編集スタッフ。『ギャプラス』『ドルアーガの塔』『イシターの復活』などの作品ではオリジナルキャラクターデザインも手がけたスゴ腕デザイナー。人気キャラクター、ギルやカイのイラストを多数描いたのはこの職人だ!
CHAPTER.06 三浦昭彦
・「ファミリーコンピュータMagazine」の元編集スタッフ。日本全土に裏技ブームを巻き起こした同誌の超人気コーナー、「超ウルトラ技」では“金田一技彦”の名前で多数の記事を執筆。同じく名物企画の「ウソ技クイズ」にまつわるエピソードなども本邦初公開。
CHAPTER.07 大堀康祐
・高校在学中に“うる星あんず”のペンネームでミニコミ誌「ゼビウス1000万点の解法」を出版した伝説のプロゲーマー。通称「ゼビ本」作成時のエピソードや、現在代表取締役社長を務めるマトリックスでの活躍ぶりを一挙収録。
CHAPTER.08 藤井やすひこ
・『カエルの為に鐘は鳴る』『スーパーメトロイド』のプログラマー。現在は株式会社フューチャークリエイツ代表取締役社長として関西を拠点に活躍中。今回初めて明かされた、『スーパーメトロイド』に隠された秘密は必読である。
CHAPTER.09 樋口浩路
・『ポピュラス』『シムシティ』などの名作シミュレーションの日本語版を開発し、『モノポリー2』や『天空のレストラン』『ダービースタリオン04』などの作品を次々と手がけたスゴ腕ディレクター。アクセラ在職中の知られざるエピソードも初公開。
CHAPTER.10 東純
・株式会社ナムコ代表取締役社長。アミューズメント施設の歴史を変えた「ナムコランド」「プレイシティキャロット」の生みの親にして、都市型テーマパーク「ナムコ・ワンダーエッグ」「ナムコ・ナンジャタウン」のオープンをも実現させた店舗開発のパイオニア。

ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い

ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い

著者:鴫原盛之/表紙イラスト:虎井安夫
ISBN:9784896372670
A5判 / 書籍 / 160ページ
定価(本体価格+税):1,620円
発売日:2007年11月6日

お求めはこちら

アマゾンの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! TSUTAYAの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」詳細ページを見る!

「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/1081/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い from マイクロマガジン社

ホーム > ゲーム | ゲームサイド編集部 | 書籍 | 虎井安夫 | 鴫原盛之 > ゲーム職人 第1集 だから日本のゲームは面白い

Return to page top