マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > エッセイ | ゲーム | ゲーム批評編集部 | 名越稔洋 | 書籍 > ゲーム屋人生 名越武芸帖

ゲーム屋人生 名越武芸帖

ゲーム屋人生 名越武芸帖

著者:名越稔洋
ISBN:4896372395
四六判 / 書籍 / 232ページ
定価(本体価格+税):1,188円
発売日:2006年11月6日

お求めはこちら

アマゾンの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! TSUTAYAの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る!
『デイトナUSA』『スパイクアウト』『スーパーモンキーボール』、そして2005年12月に大ヒットした『龍が如く』をプロデュースしたゲームクリエータ・名越稔洋が6年に渡り連載した大人気コラムの集大成。
ゲーム制作現場の話から人生哲学、モノを創るクリエータの視点など、ゲーム業界を目指す人だけでなく、学生・社会人など幅広く楽しめる内容になっています。

目次

其の一 ゲーム成立の条件
其の二 新しさの意味
其の三 企画より大切なもの
其の四 これからのゲーム
其の五 インタラクションとキャラクター
其の六 「良い」という感性について
其の七 伝えましょう
其の八 ネットゲーム普及のために
其の九 今の気持ちとこれからの気持ち
其の十 ゲーム機の未来
其の十一 アナログコミュニケーション(伝えましょう・その2)
其の十二 難しさと面白さ
其の十三 ゲーム制作の才能
其の十四 そういえば、業務用って……
其の十五 スパイクアウトの思い出
其の十六 CPU戦と対人戦(その1)
其の十七 CPU戦と対人戦(その2)
其の十八 テレビゲームとは一体誰のものなのか?
其の十九 未来のクリエーター達へ
其の二十 20回目を迎えるにあたって
其の二十一 チームで仕事をすること
其の二十二 経営と制作のギリギリ
其の二十三 ライセンスの普及とゲームのエンターティメント性の限界
其の二十四 ゲームの暴力性
其の二十五 新たなギャップ
其の二十六 語り合ってる?
其の二十七 15年で手に入れたもの
其の二十八 海外パワーの台頭の後に
其の二十九 E3はこんなんでした
其の三十 俺と映画
其の三十一 次世代のご褒美
其の三十二 台湾見学記
其の三十三 「昔の名前で出ています」
其の三十四 青春のファミコン
其の三十五 近況。そしてこれから
其の三十六 前回のつづき
其の三十七 メディアと倫理
其の三十八 ウォーターエンターティメント
其の三十九 盛り上がった?E3
其の四十 特別書き下ろし編
Project "ORGE"

ゲーム屋人生 名越武芸帖

ゲーム屋人生 名越武芸帖

著者:名越稔洋
ISBN:4896372395
四六判 / 書籍 / 232ページ
定価(本体価格+税):1,188円
発売日:2006年11月6日

お求めはこちら

アマゾンの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! TSUTAYAの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「ゲーム屋人生 名越武芸帖」詳細ページを見る!

「ゲーム屋人生 名越武芸帖」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「ゲーム屋人生 名越武芸帖」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/1072/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
ゲーム屋人生 名越武芸帖 from マイクロマガジン社

ホーム > エッセイ | ゲーム | ゲーム批評編集部 | 名越稔洋 | 書籍 > ゲーム屋人生 名越武芸帖

Return to page top