マイクロマガジン社の書籍
GCノベルズ
ブックブラスト
マイクロマガジン社のコミックス
マイクロマガジン社の開発商品
マイクロマガジン社の著者一覧・検索

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 > 地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県

地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県

岡山県の暗黒面と真の実力とは
地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県

編者:昼間たかし
ISBN:9784896377484
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):994円
発売日:2018年5月18日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る!
電子版販売サイト一覧は随時更新いたします。もうしばらくお待ちください。

岡山県の暗黒面と真の実力とは

きび団子と桃太郎。岡山県といえばやはりこれである。
だが、実際の岡山はちがう。魚は地物のサワラにイイダコ。
ラーメンは岡山ラーメン。笑いのツボは自虐系。
それが当然だと思っているのが岡山人である。
しかし、実はこれ、全国的にみればかなり特殊な「岡山気質」。
外からみれば奇妙なものだったのだ。岡山人は気位が高い。
古代から栄えた吉備の地は日本でも屈指の地位を誇り、
栄えある関西圏の一員だと思っている。
広島なんぞ眼中にないわけだが、
本当のところでは、関西からは相手にされず、
中国地方の中では広島に大きく後れをとっているのが現状だ。
食べ物は豊富で、災害も少ない、新幹線はすべて停車する。
文化レベルも昔から高い。
なのになぜ、岡山はパっとしないのか。
本書はその元凶たる岡山の暗黒面を探りつつ、
それでも消えない真の底力を提示する一冊である。

地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県

岡山県の暗黒面と真の実力とは
地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県

編者:昼間たかし
ISBN:9784896377484
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価(本体価格+税):994円
発売日:2018年5月18日

お求めはこちら

アマゾンの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」詳細ページを見る!

「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」のレビュー : 0件

入力情報を記憶させますか?
(必須) ※スパム防止※

CAPTCHA


>> アバタ―を表示させる方法

「地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県」へのトラックバック : 0件

このページへのトラックバックURL
http://micromagazine.net/books/10165/trackback/
下記サイトページへのリンクです。
地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県 from マイクロマガジン社

ホーム > サブカルチャー | 地域批評シリーズ | 昼間たかし | 書籍 > 地域批評シリーズ24 これでいいのか岡山県

Return to page top